はたらくコラム

「自分のしたい仕事がわからない」からの抜け出し方

2017年4月28日

自分のしたい仕事が何なのか?

普段はそれを突き詰めて考える機会はなかなかありませんが、しかし、就職活動中や今の仕事がどうして合わず転職を考えているときには、「自分は何がしたいのか?」という問題に正面から向き合わなければならなくなります。

それでも、

とはいえ、あの仕事もこの仕事も興味がある。
もしくは、あの仕事もこの仕事も興味がない。

という自分のしたい仕事がわからず、答えがみつからない人も少なくありません。

「自分がしたい仕事は一体何なのか?」そんな袋小路に入ってしまったら、一旦肩の力を抜いてこう考えてみませんか?

続きを読む

就職活動でどこにも受かる気がしない時に気づいてほしい3つのこと

2017年4月18日

就職活動が始まって、会社説明会とか面接とか行ってみたけれど、一次面接もなかなか通過しないし、なんだかどこにも受かる気がしない…。

3月から一気にスタートして、次々に直面する現実に、思わず気が滅入ってしまっていませんか。

学生時代のコミュニケーションや、インターンシップとはまた違う、面接でのコミュニケーションに慣れず、「これで面接に受かるんだろうか・・・」と不安に感じてしまう気持ち、よくわかります。

さらに、空前の売り手市場と言われるなか、どんどん選考が進み、早くも内々定をもらう友人知人がいれば、焦りも生まれてしまいますよね。

就職活動でどこにも受かりそうな気がしなくて、ずっしり落ち込んでしまいそうになったら、面接のこんな一面をぜひ知ってください。

続きを読む

就職内定先が合わない!今から辞退したいときの考え方

2017年2月10日

入社が現実的になってきたからこそ、「やはり内定先が合わないかも…」という思いが拭えなくなってしまうことは、よくあります。

「今さら…」ではなくて、「辞退するなら今」という思いがどこかにあるからこそ、「内定先が合わない」という気持ちは大きくなってしまうものです。

辞退すべきかどうするか、迷ってしまったらこう考えてみませんか。

続きを読む

働きたい企業がないと行き詰った時の応募企業の探し方

2016年11月28日

「働きたい企業がない。どの企業をみても、いろいろ考えると、何か違うなと思ってしまう…」

就職活動でも、転職活動でも、応募企業を検討しているうちに「働きたい企業がみつからない」状態になってしまう人も少なくないのではないでしょうか。

これから1日約8時間、週5日。転職しなければしばらく働くことになると考えると、立地や福利厚生、給与に研修制度、社風に経営者の人柄など気になることは確かにいろいろ出てきます。

どの企業でもいいような気がするけど、「どうしてもこの企業」と思える企業がない。
どの企業も自分が求める環境とは少し違う気がする。

そう行き詰ってしまったら、こんな感じで仕切り直してみませんか。

続きを読む

就職活動って意味がない!と思ったら知ってほしい企業の本音

2016年9月27日

先日、就職活動をしている学生と話す機会がありました。
海外経験が豊富で語学も堪能な彼女は、さぞかし順調なのではと思いきや、かなり苦戦しているようで

「もう、就職活動って意味がわからない!やってられない!!」

と嘆いていました。

面接で何をどのように言えばうまくいくのか、何が評価されるのか、就職活動は初めて企業と接する学生側からみるとわからないことだらけではないでしょうか。

学生と企業の騙し合いだとか、アピールしたもん勝ちだとか言われる就職活動。何でこんなことやらなければいけないのだろうと、納得がいかないことも多いかもしれません。

しかし、実は企業も短期間の選考期間で入社後に自社で活躍してもらえる人材を見極めなければならず、これはこれでなかなか苦労をしているんです。

「就職活動なんてやってられない!」と思ったら、ちょっと企業側の本音を覗いてみませんか。

続きを読む

正社員になりたい!30代でもあきらめたくない時の転職のポイント

2016年5月18日

正社員になりたい。

それならば行動を起こすのが早ければ早いほど、実現の可能性は高くなります。

特に今は、21年ぶりに正規雇用の職員・従業員の増加数が非正規雇用の増加を上回る(日本経済新聞 2016.2.17)という、「正社員を目指すには絶好のタイミング」でもあります。

ただ企業の採用意欲が高く、正規雇用が増えているとはいえ、30代になって非正規雇用から正社員として採用されるためには相応の準備が必要です。

何十社も不採用が続いてしまう事態を極力避けるためにも、30代から正社員を目指す時の転職活動のポイントを確認しておきましょう。

続きを読む

正社員になりたい30代のための面接の必勝ポイント

2016年5月16日

パート、アルバイト、派遣社員…と非正規雇用のまま、30代になってしまった。
将来を考えれば、やはり今のうちに正社員になりたい。

そんな思いがあるなら、企業の採用意欲の高い今が転職のタイミングかもしれません。

2月16日に発表された総務省統計局の「労働力調査」(2015年暦年)によると、正規の職員・従業員は前年から26万人増加し、非正規の職員・従業員の増加数(18万人)を上回りました。前年比で増加したのは8年ぶり、日本経済新聞によると正規の増加が非正規の増加を上回ったのは21年ぶりと、今は転職市場に追い風が吹いています。

「そうはいっても、経験不足と言われるし・・・。」と思うかもしれませんが、過去の経験不足は今から思い悩んでも修正できるものではありません。しかし仕事の経験不足を、面接での対応(=人間力)でカバーできることもあります。

このタイミングを逃さずに30代から正社員として採用されるために、面接の必勝ポイントを押えておきましょう。

続きを読む

大卒就職浪人の就職活動を成功させる3つのポイント

2016年4月8日

在学中の就職活動では内定をもらえなかった。
内定はもらったけれど、納得できる就職先ではなかったので辞退した。

そんな理由から選んだ「就職浪人」。今回の就職活動こそ、納得できる就職先をみつけたいですよね。

「既卒なのに大丈夫だろうか・・・。」「就職浪人は不利だって言われているけれど・・・。」と
心配しても始まりません。次の3つのことを意識して、就職活動を成功させましょう。

続きを読む

就活の面接で逆質問をする時に見落としがちな「本当に大切なこと」

2016年4月6日

就活の面接で、学生から企業に質問する「逆質問」。

この「逆質問」が評価の対象になる、アピールの機会になるということで、
多くの学生が様々な逆質問を用意していきます。

しかし面接の現場にいると、この逆質問で大きな勘違いをしてしまっている学生が
とても多いという残念な状況を目の当たりにします。

あなたも勘違いをしてしまっていませんか?「逆質問」で本当に大切なことを見落としてしまっていませんか?
面接に行く前に、一度確認しておきましょう。

続きを読む

合同説明会の質問例|つい聞いてしまう意味のない質問とは

2016年3月31日

合同説明会では、企業からの説明の後に「質疑応答」の時間があります。

ここで的確な質問ができれば、企業の担当者にアピールできるチャンス!ですが、
せっかくの質疑応答の時間に「それは聞いても意味がない」と思われる質問をしてしまう学生も、少なくありません。

そんな残念な質問をしてしまうと、貴重な時間を無駄にしてしまうだけでなく、
「そんなことをここで聞かなくても・・・。」と企業の担当者にマイナス印象を持たれてしまいます。

よくありがちで、つい聞いてしまう学生が本当に多いけれど、
合同説明会で聞いても実はあまり意味がない。今回はそんな質問の例を紹介します。

続きを読む

ページトップへ戻る