はたらくコラム

社会人としてこのままでいいのか不安な時におすすめな3つのこと

2018年10月25日


社会人になって数年経ち、今の仕事や職場に慣れてきた頃、ふとした瞬間に襲う「このままでいいのか」という漠然とした不安。
今の仕事や環境の何が不満というわけではないけれど、あるいは転職活動をするほどの不満でもないけれど、やりたいことを見つけて転職する友人知人、社内でバリバリと活躍する同僚や後輩をみていると、なんとなく自分はこれでいいのかと疑問に思ってしまうこと、ありますよね。

そんなモヤモヤした不安にすっきりしない時は、こんな行動をしてみませんか。



やってみたかったことをしてみる

キャリアを明確に

自分が本当にやりたいこと。
自分が本当に好きなこと。

もしそれができていたら、「このままでいいのか」と不安に感じることはおそらくないと思います。だから今、「このままでいいのか」と漠然とした不安があるのは、自分のやりたいことや好きなことができていないか、あるいはそもそも自分のやりたいことや好きなことが見つかっていない状態ではいでしょうか。

そんなときは、どんなにささやかなことでもいいので、「今までやりたかったこと」をしてみましょう。

気になっていたカフェに行ってみる。
やってみたかったスポーツや習い事を始めてみる。
観たかった映画を見る。
読みたかった本を読む。

などなど、プライベートのことでも構いません。もちろん、仕事上で「改善したいと思っていた」「やりたいけど後回しになっていた」ことがあれば、この機会に着手してみてください。

「やりたかったこと」を行動に移す。

この小さなサイクルを繰り返していると、「自分はやりたいことを行動に起こせる」という感覚が身についてきます。「自分は、やりたいことができるんだ」と、気持ちのスイッチとセルフイメージが切り替われば、大小様々の「やりたいこと」や「好きなこと」が浮かんでくるようになるでしょう。

自分が本当にやりたいことや好きなことは、意外に見つけるのが難しいもので、「これだ!」と思っていたことでも、実際にやってみると「何か思っていたのと違う」ことはよくあります。だからこそ、本当にやりたいことを見つけるには、興味を持ったことを少しずつでもどんどん試してみる、そんな好奇心が大切なのです。

小さなことでも「やりたかったこと」を次々と行動に移していくうちに、好奇心はどんどん刺激されていくはずです。そのためにも、まずは小さな一歩を始めて、忙しい毎日に眠ってしまっていた好奇心を呼び覚ましていきましょう。



会いたかった人に会う


「このままでいいのか」という不安は、言い換えれば「今のままの生き方、働き方でいいのだ」と確信がもてない状態です。そんなときは、「会いたかった人」に会いにいってみませんか。

忙しくてしばらく連絡をとっていなかった、学生時代の友人。
よく面倒をみてくれた先輩。
一緒にがんばったバイト仲間。

そんな身近な人もいいですし、「話を聞いてみたかった著名人のセミナーや講演会に行く」などもいいでしょう。

親しい人と近況を情報交換するだけでも、気持ちがすっきりしたり、整理できたりするものです。また、思わぬ情報に刺激を受けたり、「そういう考え方もあるのか」とちょっと前向きになれたり、何か「スイッチ」が入ることもあります。それは親しい人とのコミュニケーションのなかだけではなく、セミナーや講演会で得られることもあるでしょう。

人を大きく動かし、刺激を与えてくれるのは、やはり「人」です。

「このままでいいのかな」となんとなく停滞している自分に、なにかのきっかけを探しに、会いたい人に会いにいってみましょう。



非日常的な環境で
自分に向き合う時間をつくる

解放
やってみたかったことをして、会いたかった人にあってみる。
それでもなんだか気持ちがモヤモヤするときには、慌ただしい日常から離れた非日常的な環境で、自分とゆっくり向き合う時間をつくってみるのもおすすめです。

土日に国内のどこかへ小旅行に行くのもいいし、有給休暇や長期休暇を使って海外で過ごすのもよいでしょう。

そして観光やショッピングではなく、スマホやパソコンからも離れて、自然のなかで普段はできない体験したり、のんびり過ごしたりするなかで、自分は何を求めているのか、何が不満でモヤモヤしているのかその理由を感じてみてください。

そのなかで自分の気持ちが整理できるかもしれませんし、もしかしたら、忙しい毎日に疲れていた気持ちが旅先で癒されたら、「このままでいいのかな」という不安もいつのまにか消え、「明日も頑張ろう!」と前向きになれるかもしれません。



今のままの自分でいいんだと思えるか。
今の状況から変わりたいと思っているのか。

自分のなかにあるその答えが、見つかりにくいことはよくあります。しかしそんなときこそ、今までとはちょっと違う刺激、ちょっと違う環境がその答えを見つけるきっかけになりますので、モヤモヤしたときこそ、焦らずに小さなことから行動を起こしてみましょう。



ページトップへ戻る